読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス芸能人-特技を仕事にする方法-

このブログ「フリーランス芸能人」では美容研究家忍者みやゆう。が今までのフリーランス芸能人経験から学んだ特技を仕事にする方法を紹介していきます。 肩書きを変えたみやゆう。がその論や術で本当に生きることができるのか?誰でも特技を仕事にすることができるのか? 残りの人生を使い実験していく様をお楽しみください。

【10代の記憶が戻った】一列に並んだアイドル10人以上に礼儀正しい挨拶をされて

f:id:freeninja:20170124100535j:plain

【お知らせ】

単独トークライブ×飲み会開催!!

ども!美容研究家忍者みやゆう。(@bikatumiyayuu)です!

f:id:freeninja:20160715082111j:plain

ファンに謝りたい。

アイドルの礼儀正しい挨拶に、、、僕は変な感じを出してしまった。

そして僕はタイムスリップした。

10代の記憶が戻ったのだ。

 【10代の記憶が戻った】一列に並んだアイドル10人以上に礼儀正しい挨拶をされて

miyayuu.com

先日、仕事で名古屋栄のオアシス21と言うところに行ってきた。

僕の出番は11時〜ステージで超体感型忍法ショー、その後はブースで17時まで人相鑑定と言う流れだ。

ステージではdelaと言う名古屋のご当地アイドルが出演する。

僕はそのステージのトップバッター。

前座的ポジションである。

 

まだアイドルの出番じゃないということと、早い時間と言うのもありお客さんは少なめだが、ステージで忍法を披露し盛り上げる。

その後はブースで人相鑑定をしていた。

 

delaさんのステージは13時〜と15時〜の2回。

ステージでのライブ後は物販を行う。

そして事件は起こる

2回目のライブと物販を終え複数のメンバーが一列になる。

ファンの方達に「ありがとうございました!」とリーダー的存在のメンバーが言った後、それに続いて「ありがとうございましたー!」と言う他のメンバー。

 

初めてアイドルのライブやその流れを目にする僕は、こんな感じなんだ〜と遠目にワクワクしながら見ていた。

 

ファン達に挨拶をした後はこのイベントの企画者や責任者の人達の前に一列に並ぶ。

そして礼儀正しい、清々しい挨拶。

体育会系の部活の雰囲気を思い出す。

 

挨拶を終え控え室の方角に向かうアイドル達。

しかし、周りのお客さんに見えるようなのか、ステージ前のブースとブースの間を通るように控え室へ向かう。

f:id:freeninja:20160715085540j:plain

僕はこの矢印のブースで座っていた。

そして帰っていくアイドル達を見ていると、、、

 

僕の目の前で止まるリーダー的存在の女の子。

そしてそれに続き綺麗に一列並ぶメンバー達。

 

え?

ファン→企画者→みやゆう。?笑

マジか!こういうのってイベントの共演者にもやるの?

しかも、時間被ったわけじゃないし、メンバーと絡んだわけじゃないし、、、

この忍者だれだよ!と思ってるだろうし、、、

 

しかし、、、

リーダーの挨拶が始まる。

「ありがとうございました!」

その時、僕は気づいてしまった。

自分に挨拶してる訳ないじゃないか。

何勘違いしてるんだ恥ずかしい。

たまたまブースが邪魔をしているだけで、ステージが見えない方角の人に挨拶をしているんだ。

それに気づいた僕は椅子に座りながら更に頭をかがめて、アイドルの顔が後ろの人に見えるような体勢をとる。

 

リーダーと目が合う。

あれ?微妙な顔してるけどどういうこと?

ちょっと待て、自分に言ってんのか?

他のメンバーの「ありがとうございましたー!」が聞こえる中、後ろを振り向く。

いない。こちらを見てる人がいない。

 

自分だ。この挨拶は自分に向けられている。

そう気付き前を見た時にはリーダー進み出し、他のメンバーの後ろ3、4人くらいが見える状態だった。

 

大慌てで椅子から立ち上がるが膝をテーブルにぶつけ中腰状態に。

せめてもと思い、まだギリギリ声が聞こえる後ろ2、3人のメンバーに挨拶をする。

 

やってしまった。

 

根の人見知りがでてしまった。

 

漫画クラブ、囲碁将棋部、科学部、パソコン部、映画研究部、、、

現在、美容研究家忍者という肩書きで活動しているが、生涯文科系クラブ所属の男。

 

複数の可愛い10代のアイドルに挨拶をされると言うありえない現象が、僕を10代の自分に戻してしまった。

おそらく後ろ2、3人のメンバーは年功序列でいうと10代前半であろう。

 

今年30歳になる忍者、、、

やはり生まれ持った本質やポテンシャルはガラリと変えることはできないのであろう。

 

そしてこの一連の流れを遠くから見ていたファンやメンバーに謝りたい。

 

この思いを知らなければ、僕はリーダーに挨拶された瞬間に後ろを向き、メンバーが帰る途中にテーブルを膝で思いっきり蹴ると言う悪態をついた忍者と捉えられているからだ。

 

この状況から、、、自転車に乗って逃げ出したい。

 

それでは聴いてください。

名古屋美少女ファクトリーdelaでけったこぐ!笑

miyayuu.com