フリーランス芸能人-特技を仕事にする方法-

このブログ「フリーランス芸能人」では美容研究家忍者みやゆうが今までのフリーランス芸能人経験から学んだ特技を仕事にする方法を紹介していきます。 肩書きを変えたみやゆうがその論や術で本当に生きることができるのか?誰でも特技を仕事にすることができるのか? 残りの人生を使い実験していく様をお楽しみください。

【名刺は無駄?】独立するなら名刺より名刺的ホームページを作った方がいい3つの理由

【お知らせ】

フォロワー増えたらスキンヘッドにします (ガチ)

美容研究家忍者みやゆうの最新情報はオフィシャルブログをご確認下さい!

f:id:freeninja:20170701230310j:plain

ども!美容研究家忍者みやゆう(@bikatumiyayuu)です!

f:id:freeninja:20160508083839j:plain

独立するのに名刺は持ってるけどホームページは持ってない。

ダメですよ。それ。失敗しますよ!

フリーランスで活動するなら絶対に名刺作る前にホムペ作ってください!

【名刺は無駄?】独立するなら名刺より名刺的ホームページを作った方がいい3つの理由

独立する前に、名刺作って異業種交流会に参加したり、人と会いまくる人いますけど、それ、めちゃくちゃ勿体無いことしてます。

名刺とホームページのパワーバランス

僕の中での名刺とホームページのパワーバランスは1:9です。

それだけ違います。

ぶっちゃけ、2016年現在の名刺の存在意義はマナー礼儀の上で、、、

それだけじゃないでしょうか?

ではなぜ名刺の前にホームページを作らなければいけないのか?

僕が名刺ではなく、名刺的ホームページを活用している3つの理由をお話しします。

名刺なんか見てない

見てないは言い過ぎました。

しかし、数秒!!

会社名、名前、電話番号、住所、、、律儀に書いたその小さな用紙を見るのは一瞬です。

異業種交流会で今さっき会った人にわざわざ電話番号や住所を教える必要が本当にあるでしょうか?

名刺を渡すだけで自分をアピールしたことになっていませんか?

1日で何十枚と渡された名刺の中で、もう一度自分の名刺を見てもらえる確率は低確率。あなたに興味を持ってもらわなければ名刺をもう一度見てもらえません。

名刺に書ける情報が少なすぎる

10年前なら違ったかもしれません。

しかし現在はPCやスマホを持っている人がほぼほぼです。

持っていなくてもほとんどの人が検索くらいはできます。

だったら自分の詳細が書かれたホームページ作っちゃった方がいいんですよね!

名刺のサイズ約6センチ×9センチに書ける情報なんかしれてます。

ホームページなら無限です。

名刺は紙ではなくWEB上に置く時代です。

みやゆう。の名刺 - 美容研究家忍者みやゆう。オフィシャルサイト

↑もちろん僕の名刺もWEB上にあります。

SNSやコンテンツの登録がスムーズ

フェイスブックやツイッター、インスタグラムにYouTube。

人によってやってるSNSやコンテンツは様々です。

1対1や1つだけなら登録する時間は少ししかかかりませんが、1対10やコンテンツが複数あるなら時間がかかってしょうがないです。

しかし名刺的ホームページに各SNSやコンテンツのリンクを貼っておけば自分が何を使っているかが一発でわかる!

せっかく実際に人に会ってるんですから、お互いのSNSの登録をする時間があるなら、直接話をするべきです。名刺的ホームページをもっていれば、空いた時間に登録してもらえます。

名刺作るなら先にホームページを作れ!!

友達があなたの話をみんなにしてくれた、、、

ニュースに取り上げられ、たくさんの人に知ってもらった、、、

フリーランスのあなたに仕事が入るきっかけはたくさんあるのに、ホームページがないから掴めない。

そんな人多いです。

名刺を配ってきっかけを作るのもいいですが、まずはきっかけを掴むコンテンツを作りましょう!